コミュ障社会人の独学英会話.com

コミュ障・陰キャ・友達ゼロ そんな私の自己改革記録

ナルドンのプロフィール【英語嫌いなコミュ障が英会話を始めて変わった話】

はじめまして、ナルドンと申します。

このページでは私自身のことを紹介していきますね。

 

 

現在は社会人として会社で働きつつ、毎日英語学習を続けているサラリーマンです。

私が普段やっている英語の勉強を上げますと、

 

・瞬間英作文

・英文の音読

英会話教室

NHKラジオ英語

・英語ニュースを読む

YouTubeでリスニング動画

YouTubeアメリカのコメディ視聴

  

こんな感じで毎日やっています。

もちろん1日で全部をやってはいませんよ?

今日はこれとこれをしようという感じで気分を変えつつですね。

 

 

こんな調子でかれこれ2年間英語の勉強をし続けています。

飽き性で今までどんな趣味をやっても三日坊主で終わっていたのに、まさかの大嫌いだった英語の勉強が2年も続くとは思いもしませんでした(笑)

 

 

2年間も大嫌いだった英語を続けてみると、やっぱり世界は変わってきました。

英語の勉強をしたことによって変わったことは、

 

・苦手を克服した自信

・外国人と英会話できる

・英語での情報収集できる

・仕事で新しいことを任される

・周囲に一目置かれることで優越感

・英語学習について情報発信できる

・コンプレックスを改善してくれた

・英語を使った新しいビジネスに参入可

  

ざっとこんな感じです。

 

 

英語を勉強したこと2年前とは大きく状況が変わりました。

いつも自信が無くて消極的、コレといって打ち込める趣味もなかった自分を変えたいと思い始めた英語がここまで化けるとは予想外でした。

 

 

たいした特技もない、勉強やスポーツができるわけでもない。

いつも劣等感に悩み、周りの人と比べては自分のできの悪さに落ち込みました。

このままだと一生変わることもなく灰色の人生を送り続けると考えると恐怖しかなかったんです。

 

 

そんな灰色の人生が英語学習によって変わってきました。

もちろん一気にバラ色になることはありません。

それでも徐々に今までとは違う景色が見えてきたのは間違いありません。

 

 

それでは、私が現在に至るまでの話を書き記していきます。

 

 

【ナルドンのプロフィール】

生い立ち

ごく普通のサラリーマン家庭に生まれ、両親と弟の4人家族。

ド田舎で家の周りは田んぼや畑しかないようなところで育ちました。

 

 

幼稚園の頃は虫取りが好きすぎてお昼寝の時間になっても外で虫取り網を振っていたほどの情熱家だったようですw

なぜか幼少期はやたらとアクティブで、アポなしで友達の家に遊びに行ったりと中々の行動派。

 

 

小学生から公文で勉強し、結構いい成績だったりします。

小さい頃は神童と呼ばれていたタイプですね^^

そのせいもあり、当時は旅客機のパイロットになりたい!と将来の夢をもっていました。

自分は他と違った特別な存在で、将来はかなりのビッグになっているんだと勝手に勘違いしていました。

 

 

しかし小学校4年生くらいから状況が変わってきます。

ある事件をきっかけに人間不信となり、今に続くコミュ障・消極性・自信のなさが表れてきます。

 

 

いじめられた小学生時代

小学4年生の時、友達だったグループからいじめを受けるようになりました。

話しかけても無視されたり、悪口を言われたりして遊んでくれませんでした。

 

 

仲良くしていた友達に急に裏切られた時の悲しさと絶望は想像以上でした。

家でも学校でもよく泣いて苦しい想いをしていたのを覚えています。

 

 

しばらくして、新しい友達グループと遊ぶようになり心のキズも癒えてきました。

しかし、小学6年生の時にまた同じ奴らからいじめを受けました。

幸いそいつらの行動が先生に見つかり、それ以降は接触することも無く卒業しました。

 

 

この小学校でのいじめが今の私の人間観に大きく影響を与えたんじゃないかと思います。

信じていた友達から裏切られ、学校での居場所がなくなることは心に大きな傷を残しました。

 

 

「他人は信用できない」

「他人は何を考えているか分からないから危ない」

「親しくしても裏切ってくるなら最初から信用しない」

 

 

未だにその傷は残っているようで、他人を信用できずに自己開示できないため、友達は誰もいません。

それよりも一人で自分のしたいことを楽しんでいるほうが幸せと感じるようになりました。

 

 

全くモテず青春できなかった

中学~高校時代は全くモテませんでしたw

中学頃から体重が増えまくってMAXで90キロまで育ったほど。

 

 

異性には興味はもちろんありましたが、体型や他人を信用できない性格から声をかけることもできませんでした。

とりあえず学校生活を過ごすために、どこかのグループに属し、上っ面だけ楽しそうにして過ごしていました。

 

 

恋人がいる同級生を羨ましく思い、悲しい気持ちになったり、ねたんだりもしました。

自分とみんなは住む世界も価値観も違うんだろうなぁと感じ、ほとんど諦めていましたw

 

 

ちなみに部活もしておらず帰宅部員でした。

みんなで協力して何かを達成することや、大会のために何かに打ち込む経験も全くなし。

世間一般で聞くような輝かしい青春は一切経験せずに過ぎていきました。

 

 

私の青春は全く明るいものではなく、ずっと暗いまま無難に過ごしてきただけなんです。

 

 

英語が苦手すぎて苦労した大学受験

ここからは英語について話していこうと思います。

 

 

私は中学の頃から英語が苦手でした。

暗記しないといけないことがあまりにも多すぎたからです。

文法・英単語・イディオム・発音など、暗記するのが苦手な私には苦痛でしかなかったのです。

 

 

嫌なことにロクに立ち向かったことのない私は、自然と英語を避けるように。

ちゃんと基礎的なことを学ばないまま大学受験を迎えてしまったのです。

 

 

その結果、センター試験の英語は5割を切る悲惨な結果に。

穴埋め問題・並べ替え問題・長文読解・リスニング、どれもほとんど解らないまま勘で答えたようなものです。

 

 

英語から逃げ続けた結果、センター試験で大失敗。

第一志望だった大学は諦めるしかなかない事態になりました。

帰宅部員で時間はあったはずなのに、勉強をロクにせずダラダラと過ごしていたので当然の結果ではありますw

 

 

モテたいためにダイエットを頑張る

大学入学後、嫌でも現実を突きつけられることになります。

 

 

今まで異性と付き合う事を受験のせいにして諦めていたのですが、大学では周囲は異性と仲良く遊んだり、付き合ったりしていたんです。

このままでは本気でヤバイと感じ、ダイエットを始めました。

 

 

当時90キロ近く体重があったので、とりあえず70キロを目標にしました。

毎日運動と食事制限をした結果、2年ほどで68キロにまで減量。

これで私も恋人ができる!と意気込んでたのですが甘くはありませんでした・・・

 

 

これまで異性と話し慣れていないので、どう接していいのか分からなかったんです。

上手くいかないこと十数人。

やっとのことで恋人ができたものの、半年もしないうちにお別れ。

 

 

しかし、このダイエットはその時までの人生で一番努力したんじゃないかなと思います。

 

 

TOEIC受験するも全く解らず居眠りする

就活でTOEICが必要になるらしい!と聞いたのでとりあえず受験してみようと思いました。

 

 

もともと英語が大の苦手。

とりあえず過去問と英単語を勉強すればなんとかなるでしょと、ダラダラと勉強しました。

 

 

そしてTOEIC受験本番。

 案の定さっぱり理解できない(笑)

 

長文は理解できなさ過ぎて途中から読めなくなる。

リスニングは雑音が聞こえるだけで眠くなって居眠り。

 

 あわてて②ばかりを塗りつぶして試験終了。

 

 

その結果、500点というマグレを叩き出しましたw

しかし実際の点数は400点もありません。

完全に理解できた問題はほとんどなかったですからね。

 

 

私と同じようにTOEIC受験した知り合いは600点前後。

あまりの実力差に心臓がバクバクしましたねw

改めて英語力の無さを突きつけられ、結構ショックでした。

 

そして受験代6,000円ほどをドブに捨てた気分でしたw

 

 

コミュ障で目的もない退屈な大学生活

大学生活は本当に退屈でハリのない生活でした。

 

遊びたい友達はいない

恋人もいない

没頭する趣味もない

勉強もたのしくない

部活もサークルも入りたくない

 

やることといえば、バイトで小遣い稼ぎして家でダラダラと漫画・動画や2ちゃんをみることだけでした。

今から考えるとめちゃくちゃもったいないことをしていました。

 

 

時間があれほどあったのだから、留学でも起業でもして将来のために何かすべきだったと今更ながら後悔してます。

本当に無意味な時間を過ごしていただけでした。

 

 

こんな調子ですから就職活動もめちゃくちゃ苦労しました。

何か成し遂げたことは?と聞かれても何もしていなかったからです。

ウソで固めた薄っぺらい答えしか用意できません。

 

 

志望業界は英語力を求められたうえに、意識高い人たちがわんさか受験する業界。

当然、何もしてこなかった私は書類審査で落ちるだけでした。

 

 

営業職に配属になり地獄の日々を味わう

英語が全くできなかったこと

大学生までの間に何の努力も挑戦もしなかったこと

その結果、全く興味もない営業職に配属されてしまうハメに。

 

 

他人と話すことが苦手なだけでなく、他人に興味を持つこともない性格。

営業でお客さんのところに行ってもお客さんと親しくなることが苦手でした。

同期はバンバン契約を取ってきて周囲から期待されているのに、私は全く契約が取れませんでした。

 

 

上司や先輩と打ち解けることも苦手でした。

コミュ障だし、ひとりで過ごすのが大好きですから関わりを持ちたくなかったんです。

そういうことも重なり、営業成績がめちゃくちゃ不振でいつも怒られていました。

 

 

同期や後輩までもが会社の人と仲良く飲みに行ったり、休日に遊びに行ったり。

でも私にはそんなお誘いは一度もありませんでした。

もちろん一人の方が気楽で合っているのですが、誘われないと寂しいもんです。

私から心を開いていないのですから来るわけないですよね(笑)

 

 

結局そんな環境に耐えられるわけもなく、最初に就職した会社はむなしく退職することになったんです。

 

 

自信をつけて自分を変えたくて英語を始める

新しい会社では事務職に配属となりひと安心。

しかし、事務職をしていると「この仕事何の意味が?」ということの繰り返し。

退屈な仕事を延々と毎日し続けるだけです。

まさに大学時代の生活のような無意味にダラダラ時間が過ぎていく感覚でした。

 

 

しかしある日、この退屈な時間をどうにか活用できないかと考え始めました。

ネットサーフィンしてるだけならこのまま退屈で腐ってしまうからですw

 

どうせなら、自分を変えられるようなことに時間を使いたい。

消極的でコミュ障で自信のない自分を変えていきたい。

身に付けたスキルは将来でも使える役立つものにしたい。

 

そう考えた結果、英語を学習しなおすことに決めたんです。

 

 

英語を選んだ理由はいくつかあります。 

・苦手な英語を克服して自信を持ちたい

・国際化する日本で英語の需要は上がる

・海外旅行に自由にいってみたい!

・外国人と英会話できたらカッコイイなぁw

・仕事中でもバレずに勉強できる

  

ざっとこんな理由で英語を選びました。

 

 

英語学習を始めたての頃は謎の自信から「TED」をYouTubeで視聴しました。

あれだけ英語の実力がなかったくせに、いきなり無駄に自信満々だったのはアホですねw

結果は雑音にしか聞こえず惨敗。

当たり前です。

 

 

よく調べてみると、どうやら中学レベルの英語もかなり怪しいことが判明。

英語から逃げていたので当然ですが、当時はなぜかショックを受けましたw

 

 

私の英語学習(社会人編)は、中一の教科書レベルから始まったのです(笑)

 

 

英語を2年間続けて変わったこと

あれから2年。

英語学習はほぼ毎日継続していることに驚きますw

飽き性で何の努力もしなかった私が生まれて初めて続けられた経験です。

 

 

2年前では全く想像できないことが起こりました。

今の英語力は人生の中で最高レベル。

毎日キチンと勉強できるのも今までにないことです。

 

 

コミュ障で消極的だったのに、英会話サークルに飛び込みで参加したりしました。

サークルのメンバーはお年寄りばかりでしたが、楽しく参加できていることも驚きです。

今までの私なら未知の世界へ飛び込むことはしませんでした。

でも、英会話の能力を上げるためなら!と思い、えいやっ!と参加を決意。

 

 

仕事でも英語を使う部門の仕事を任されています。

海外からの来客に対応する社員が少ないため、私のアマチュアの実力ですら買われたので少し驚きましたがw

職場でも英語ができるというだけで一目置かれるので気分がいいです(笑)

 

 

そして個人的に大きな収穫だったと思うことは、自分自身に勝ったことです。

ずっと大嫌いで逃げ続けていた英語という敵を自分の意思で乗り越えたことは大きな自信になりました。

苦手だと思っていたことでも、努力してみれば乗り越えられるという体験は大きな財産です。

 

 

「たかが英語、されど英語」と思っています(笑)

 

 

さいごに:英語は私に新しい選択肢をくれた

ここまで読んでいただけたら私がどんな人間かだいたい分っていただけたと思います。

何をやっても中途半端、他人との接触を極度に怖がる、やりたいことも特にない。

そんなダメダメな人間です。

 

 

英語学習を始めたことで改善はされましたが、それでも完全には治ってませんw

それでも、少しは改善されたので効果はありました。

もっと英語を極めて色んな挑戦をしていくことでさらに改善されるんじゃないかなと。

 

 

 

英語学習したって、Googleの翻訳性能が上がったり、ポケトークがもっと発達したら役立たずな能力になるでしょwっていう人もいます。

そういう未来がくるかもしれませんし、英会話が無価値になるかもしれない。

 

 

でもそれは英語というものを一つの側面で見た場合の意見です。 

英語を学習する過程で得られるもの、英語と何かを組み合わせて新しいビジネスや趣味もあります。

そこでは新たな発見や学べる世界があるんですから決して無駄にはなりません。

 

 

私自身は遠回りしたり、試行錯誤しながらここまで英語学習してきました。

だから、もし英語を始めたい!って社会人の方がいらっしゃったらアドバイスしたいです。

英語ができるようになったと喜んでもらえたら、このブログをやっていた甲斐がありますからね。

 

 

もし英語学習で何か相談したいことがあれば下記メールアドレスまでご連絡ください。

メアド:narudon0911@gmail.com